忍者ブログ
Admin / Write / Res
~明るく前向きで幸せな人生を送るために、心の中を正直に綴ります。~
[34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おはようございます。

現在中3の息子についてです。

息子は幼稚園の頃から優等生でした。

ずっと自慢の息子であり鼻が高いですが、
僕は心の底から普通でいいと思っていました。

礼儀などは厳しくしつけしましたが、
できないことがあってもかまわないよって言って、
育ててきました。

小学生になっても、
成績はいいし、運動会では一等賞でした。

そして小4の時に野球を始めたのです。

始めてすぐに、
同級生の中では主力のポジションにつきました。

アツ兵衛も野球経験者なので、
息子に結果を出させてやろうと、
二人三脚で息子を応援してきたつもりでした。

しかし僕はダメでした・・・。

息子に結果が出ないと、
息子と同じように、
いやっ、それ以上に悔しがってしまいました。

「なんでできないんだ!」
と怒鳴りつけてきたわけではありません。

そんな結果だけでものを言うような親にはなりたくありません。

しかし、
一生懸命がんばっている息子に結果が出ないのが、
本当に悔しかったんです。

がんばってる息子を尊敬してたのは本当ですが、
これがプレッシャーになったのかもしれません・・・。

息子が補欠の選手なら、
「試合に出られるように一緒にがんばろうな!」
といった感じで、
違う形の、
本当の意味での、
応援ができていたのかもわかりません。

でも僕は、
我が子に対して普通でいいよと言ってきたくせに、
いつも100点の子が平均点の子になったことに対して、
落ちてしまったと思ったんですね・・・。

ダメな親だったと反省しています。

なかなか結果が出ずに現在に至りますが、
入院中のベッドで、
息子との接し方をずっと考えていました。
息子の野球が不安です・・・参照)

まずは親が変わることです。

幸い息子は真っ直ぐな子です。

家族を大切にする気持ちのやさしい子です。

親子の素振りの時間は、
練習とは言え、
笑顔の時間にしています。

結果が出なくても、
努力する姿勢だけは失わないでいようなって・・・。

僕の知っている全てを息子に伝えてやろうと思っているんですが、
僕が伝えることよりも、
本人が自分でつかんだことの方が、
はるかに正解で価値のあることです。

伝えようとする気持ちを少し抑えて本人に任せる!

少し黙って見守ってやる練習を、
親である私がしていこうと思っています。

子育てって本当に難しいですが、
親自身が成長しなくては、
子どもに伝えられるものも伝えられないのだと思います。




  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

応援のクリックいただければうれしいです!
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
Thanks!
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Profile
HN:
アツ兵衛
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1974/08/04
趣味:
探し中
自己紹介:
家族がいること、
健康であること、
今、幸せであることに、
感謝の心を忘れていました。
不満が多かった自分と決別します。
最新コメント
Copyright ©  感謝して生きる!アツ兵衛のブログ! All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]